×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  HOTARUKAI       投げ歩き釣行記   

釣行日 2010年10月2日(土)
場  所 三重県熊野市大泊〜七里御浜〜鵜殿港(うどの) -
潮&気象 潮位表 ←詳細はこちら 曇り曇り←詳細はこちら


バコバコを夢見ながら熊野へ行って来ましたが、この時期に激シブとは・・・

 今週は、何処へ行くか? やはり日本海か?などと悩んでましたら カンちゃんよりメールが入り、熊野へ行きますとの一報。

それでは、ご同行お願いしますと、イムさんを誘い大泊〜鵜殿港を釣り歩いてまいりました。

今回は、イムさんに車を出して頂き大泊駅に5時頃到着。カンちゃんとも直ぐに合流し、浜へ繰り出します。

雲行きが怪しいので、御天等様に雨が降らない様にお祈りをした後にスタート!

薄暗い中、2〜3投しますが、生態反応無し!イムさんが5〜6cmのメッキを釣ったぐらいで、大泊のバコバコは夢に終わりました。

直ぐに場所移動。 次は、少し走って七里御浜の山地口です。

低気圧の影響で風が強く波も高かったですが、一投目から小さなアタリが入ります。

回収しても針に乗らず(涙)ここでは、イムさんがピン一匹、カンちゃんがエイ一匹ゲット! ここもバコバコの気配が有りませんので

カンちゃんが、「次行きましょうか」 との掛け声に、次は鵜殿港へレッツゴ〜ゥ〜!

ここでは、車横付けの楽チンポイント。 久しぶりにカンちゃんとマッタリタイム。

みんなで、パラパラと釣りながら”WWGG”と楽しいひと時を過ごせて頂きました。

一日お付き合い頂いたカンちゃん有難う御座いました。

まずは大泊のバコバコを夢見ながら

ワクワクしながら入りましたが、なんとも生態反応ナシ(涙)

前日の雨の影響で若干風が有りますが、

ここは、風裏になるのでさほど気になりません。
撤収の頃に朝日が昇って来たので、朝日の写真を一枚。
次は、七里御浜の山地口へ

風の影響をもろに受け、波も高いです。

壮大な砂利浜は、外洋に面していて写真では

大した事が無いようですが、近くまで行くと

足をすくわれそうで、とても恐ろしいです。

昨年11月にフェリー「ありあけ」が座礁しましたが、

まじかでこの海を見ると、座礁しても不思議ではありません。
釣れない感じはしませんので、皆さんと投げて見る事に?

ここでは、イムさんがピンを一匹、カンちゃんがエイを一匹で

バコバコの気配が有りませんので、場所移動です。

次は、鵜殿です。

車横付けの楽チンポイントです。

大型貨物船の航路になっていて、水深もそこそこあります。

冬場には、越冬キスがバコバコの時もあるそうです。

水深が有るので、納得!


ここでは、みんなで座り込んでマッタリ、”WWGG”


幸先よく、イムさんまあまあのサイズをゲット!

最近、イムさんは本当によく釣ります。

私も、何とか一匹!

低気圧の影響で風が強かったですが、

雨も降らず、暑くも、寒くもなく最高の釣り日和でしたが、

釣れない(涙)

カンちゃんにも、良型がきました。

必死に、上のメゴチを隠そうとするカンちゃんでした。

ばらしちゃいました、カンちゃんごめんなさい(土下座)

何やら、カンちゃんの所に羨ましい情報が入ります。

「塩屋でバコバコ!クーラー満タンらしいよ」

「来るとこ間違えた〜」

でも、久しぶりにカンちゃんとゆっくりお話も出来たし

良かったかな。

イムさん、パラパラと順調に釣ります。

なかなかの良型でんがな!

強烈なアタリに・・・

「これは、キスじゃないな?」とカンちゃん

上がって来たのは、30cmぐらいのチヌでした。

カンちゃんも苦笑い。

なんだ、かんだ、パラパラしか釣れない日でしたが、

久しぶりに、カンちゃんと楽しく過ごせましたので

とても良かったです。

また、色々と勉強させて頂きました。

カンちゃんお付き合い有難う御座いました。
今回の釣果です。

ハゼも秋に入り、大きくなってきてます。

美味しくいただきました。

子供は、キスは食い飽きたのか ハゼの天ぷらやから揚げは

美味しい、美味しいと大変喜びます。