×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  HOTARUKAI       投げ歩き釣行記   

釣行日 2010年 8月8日(日)
場  所 兵庫県南あわじ市阿万・吹上浜 -
潮&気象
波(m) 0.5メートル
日の出/日の入り 5:16 / 18:55
大潮
干潮(時間)潮位(cm) 12:02(18)
満潮(時間)潮位(cm) 5:00(165) / 18:46(163)
晴れ晴れ←詳細はこちら


8月8日(日)レインボーキャスターズ様主催のフレンドリーカップに参加して来ました。またしてもK町さん! 

 今回は、兵庫県淡路島の吹上浜7で開催された、レンボーキャスター様主催のフレンドリーカップに参加してきました。

蛍会からは、モトさん、イムさん、ぱるぴん(PALPIN)。さんの4名参加しました。

ぱるぴん(PALPIN)。さん以外は淡路島での釣りは初めてと言う事で、道中もぱるぴん(PALPIN)。さんに色々とお話しを聞きながら、

コンビニ等に寄りながら約4時間弱で会場に到着です。早めに着いたので、少し仮眠を取ります。

4時半受付開始に、眠たい目をこすりながら準備をしていると、見たことのあるスーパーアストロを発見しましたので、まずはカンちゃんに

ご挨拶です。(ここは外せません) ご同行の、若さん、加賀キャスターズのマーちゃんにもご挨拶を交わしながら、準備の最中なのに 若さんに

サンドイッチを分けて頂いたり、あれやこれやと話が進み グズグズとしてると、タスカーさんより 「チンタラしとらんと早よ受付にこんかい〜」と

お電話戴き(タスカーさんすみません!冗談です。本当は、受付時間など把握してなかった私達に親切にご連絡いただきました。)

まだ暗い中受付をすませ、久しぶりにお逢いした方々に挨拶を交わします。

少しづつ明るくなり開会式と松尾会長による競技説明の後スタートです。ぱるぴん(PALPIN)。さんは、シード選手という事で2回戦からの

参加です。 ぱるぴん(PALPIN)。さんから、少し話は聞いていても、全然ポイントや浜の感じが分からないので 取り合えず本部より右側へ

歩きます。チンタラと海を見ながら歩くもののあまり変化はない感じでポイントを搾れません? こうなればとことん歩くか? 

など、考えていると突堤らしきデッパリがあるので「あそこに決めた〜」と、もうダッシュ!しかしながらダッシュも10mぐらいで失速・・・(涙)

近づいてみると、左側が良さそうな感じですがチンタラ歩いたせいで既に満席。 

右側は少しスペースが開いていたのでここへクーラーを置きます。ゼーゼー言いながら準備をしてると既にお隣の方は、1投目を投入してます。

私も、やっとこさ仕掛けをセットし まずは2色付近へ投入しますが いきなりガツガツと岩に引っ掛かる様な感じで上手く引けません。

回収すると案の定、針は延びるわ ハリスは切れるわで天秤を木オモリに変え2投目を投入。2色付近の岩場を早巻きで交わし1色後半から

探るも、なかなかポイントを掴めず、フグやベラのオンパレード・・・(涙)

お隣の方は、順調に2連を含めキスを取り込んでいる様子です。お隣の方は、朝方薄暗くてよく分からなかったのですが、よく見ると2008年の

ファイナルでご一緒したS川さんではありませんか。 流石!S川さんよく釣るな〜とか思いながら、「お久しぶりです。」とお声を掛けると

S川さんも「お〜!どうもどうも、お久しぶりです!」等と挨拶を交わしながら、全くポイントを搾りきれないので、S川さんへ

「どうやって釣るんですか?」等とアドバイスを戴きますが、私は全くキスは釣れず外道のオンパレード・・・(涙、涙)

そうこうしてると、交通事故の様なキスを1匹ゲット!これでボウズは免れたが、その後も何ともすることが出来ず外道にウンザリしながら

キスはいるのに釣りきれない自分の未熟さに、集中力も切れ なんとなく投げ返す時間帯に突入!

途中、ぱるぴん(PALPIN)。が様子を見にこられ激励を受けますが、何もする事が出来ずタイムアップ。

2回戦進出ボーダーは4匹に対し、モトさん3匹・イムさん1匹・私・1匹で撃沈です。

こうなれば2回戦から参加のぱるぴん(PALPIN)。さんに期待をしつつも、2回戦は、1回戦よりも更に激渋の様で皆さん炎天下の中、奮闘された

結果、優勝は神奈川の小町さん本当に流石で御座います。ぱるぴん(PALPIN)。さんは、検討むなしく撃沈いたしました。

蛍会一同、何も良いとこなしで全員激激沈で、シッポを巻いて退散致しました。

まだ薄暗いなか、受付と開会式

松尾会長の競技説明及び

クーラーチェック後スタートです。
朝一番のイムさん

写真は、暗いですが実際はもう少し明るいです。
「おぉ〜!チャリコ」

私のポイントは、チャリコは釣れませんでしたよ。
朝一番のモトさん

モトさんは、4色付近で3匹釣れたそうです。
二人並んで、釣果はどうですが?

結果は

モトさん3匹

イムさん1匹


私の、お隣はS川さんでした。

流石にこのポイントで7匹釣られてました。

私のKWガイドに「どうですか?」等と、

あれやこれや・・・

キスが、いるのは分かっているのに

釣りきれず、成すすべ無し(涙)

結果は釣果1匹

加賀キャスターズのマーちゃんに

「もう帰れ!」と激を頂きながらも、皆が2回戦を

頑張っている最中も再度この場所で反省会をしましたが

またしてもボーズ。

答えは見つからず・・・

現在、深い迷路を瞑想中で御座います。

この調子では、報知の決勝も同じ繰り返しになるのかな?
レディース、ジュニアの部門

前田団長おめでとう御座います。

機会が有りましたら是非、ご指導お願い致します。
優勝は、小町さん 8匹です。

この激渋の中、どうやって8匹も釣るんでしょうか?

疑問に思うのは、私だけじゃないはず。
テントの中には、豪華商品がズラリ。

今回、優勝は液晶テレビでした。

私は、皆に配ってくれたメジャーステッカーと

ラベンダーの香りがする石粉を頂きました。

疲労回復となっているので、きっと石ゴカイも元気になるはず・・・

大会運営に携わった皆様本当にご苦労様でした。

初めて参加させて頂きましたが、本当に楽しく、フレンドリーに出来ました。

このような、場では有りますがお礼申し上げます。

有難う御座いました。