×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 HOTARUKAI  2008年ダイワスーパーバトルカップ東北北陸ブロック大会 参戦記

釣行日 2008年09月07(日)
場  所 新潟県上越市柿崎区 上下浜 駐車場有り  トイレ有り
潮&気象 小潮 ←詳細はこちら 曇り←詳細はこちら

 

ぱるぴん(PALPIN)。さん全国大会進出おめでとう御座います。

ファイナル長崎の舞台で大暴れ!!期待してますよ。私の無念もはらして下さいね。

≪今回は皆様もご希望されてると思いますのでぱるぴん(PALPIN)。さんに参戦記を頂きました。≫

ダイワスーパーバトルカップ投2008東北北陸ブロック大会に会長と二人で参戦してきました。

前日の6日に、私がジャパンカップ福田に参戦したため(会長は来年もファイナルに参戦とゆーことで、地区予選は高みの見物です)、

静岡県から一路新潟の上下浜を目指します。まー、JCは一回戦で無残に散りましたので、10時頃の早めの出発です。

途中、ヒゲじ〜さんと三人で高速のSAで早めの昼食をとり、その後ヒゲじ〜さんとSAで別れて、会長の愛車、アストロ660ccは快適に

我々を勝負の地へと運んでくれたのでした。

現地到着は4時半頃。

まずはコンビニよって、民宿に挨拶して、(そこには、愛知県の名手、I黒さん、M井さんのお二人の姿が!同じ宿泊先のようです)

5時頃下見に向かいます。

駐車場には新潟の名人K島さんがおられ、状況などを伺っていますと、すでに下見を終えた方々が次々、引き上げてきます。

空も薄暗くなってきて、時間がありませんが、とりあえず本部下の旗の付近で二人並んで始めます。

2色以内はエサ取りがすごい感じでしたが、3〜5色にはキスがいそうな感じ。パラパラ釣って、4〜5投で日没終了。

う〜ん、本部下以外は全くわからんかった。

その後、ハマナスの風呂に入って、民宿でI黒さん、M井さん、蛍会の二人で白熱の釣り談義!!(会長が止めなきゃ、夜中になってたかも・・)

部屋に帰ると会長は仕掛けづくり。気合入ってます。私はビール飲んで寝ちまいました。

 

そして、9月7日 試合当日。

まずはお知り合いの方々とのごあいさつを済まして、黒部ヒサさんにエサを渡して、エリア分けと出発順を決めるくじ引きです。

私 A−1・・・・・・・すんげっ、1番スタートじゃがっ! 会長 A−31・・・・・・・すんげっ、最後尾スタート?

なんとも両極端な蛍会の抽選結果です。

いよいよ試合開始。

1番を引いたからには、奥の船小屋のポイント(いろんな方から仕入れた情報ではなかなか良いらしい)にイチモクサン。

なんせ、初めての浜ですんで、地元の方の情報は最重要。となりには富山のワダ君がいます。彼が隣なのは心強い!

良いポイントじゃ〜。・・・でもほかにあまり人が来ません。隣とは20m以上空いてます。

左奥に行けばいくほど、人影がまばら・・・・・。

まもなく、ホイッスルが鳴って、第一投です。5色付近から探り始め、2色残しでアタリのないまま回収。

8本バリの仕掛けは無残に2本バリに変身。しかもその2本にサバフグのお子様。こりゃ、だめだわ。とっとと一投で場所替えです。

70mほど本部に近づいて、次の場所は岩釣会のT田さんと隣です。T田さん、すでに3匹確保の様子。 あせります。 

さらに反対の隣の方が3連、5連とピンながら、好調。ますますあせります・・・。

ここでも二投ほどしましたが、ダメ。なぜ釣れないのか分からないまま更に本部方向へ。今度は会長と黒部ヒサさんの間で再開。

一投してダメ。黒部ヒサさんは更に本部側へ。わたしも更に旗の近くへ。旗の近くは名手の方々の巣窟。

石川のG3さんに快く入れていただいて再開。もうこれより右側には行けません。

一時間半ほど経過して、丸ボーズで、もう半分やけくそ状態です。二回戦進出難しいかもしれませんが、せっかく入れていただいた

好ポイントらしき場所ですから、がんばっちゃる!

最初のうちは素バリが続きましたが、徐々に落ち着きを取り戻して、パラパラ拾って、242g、7位で2回戦に行けました。

会長も2回戦進出。アベック本戦じゃ〜〜。

そして、二回戦。

一回戦のA,Bエリアの20mほどのハザマを中心に1回戦の上位者から埋まっていき、私は一回戦の終盤時と同じあたりで開始です。

ハザマは新潟を代表する全国区の名人さんたちが、遠投をかましてゾロゾロやらかしてます。あんぐりです。

私も表彰台は無理でも、何とかひっかかりたいとキャストを続けます。

この時、私はわたしなりの作戦で二回戦に挑みました。

それは、一匹で4〜5gのピンを釣るより、少しでもサイズの良いやつを拾うこと。

一回戦でだいたいの状況を分析していましたのでそいつを実行しました。

 @ 少し型のいいやつは5色の中に多い。

 A 早いサビキだとピンの餌食になる。(なぜだかは不明)

 B 3色以内はエサ取りも多いので捨てる。

 C アタリが出たら、止めてやるくらいのサビキで良型の連掛けを狙う。

 D エサはチロリ。

二回戦は右斜め前からの風が強く、一回戦との距離の調整が大変で、しかもアタリも極微弱なものでしたが、上記のことを実践して

なんとかぎりぎりの6位で長崎のキップを頂けました。

会長は惜しくも8位でしたが、今年の好調ぶりを見せてくれました。一緒に長崎に行きたかったですな、会長。

今回もたくさんの方々にお世話になり、この場をお借りして御礼申し上げます。

会長、運転ありがとう。黒部ヒサさん、情報提供やらいろいろいつもありがとう。G3さん一回戦間に入れていただいてありがとうございました。

I黒さん、M井さん、また釣り談義してください。新潟のK島さん、決勝ではよろしくお願いします。

ワダ君、T田さん、rinさん、手取マサくん、加賀のマーちゃん、・・・等々みなさんありがとうございました。お疲れ様でした。

長崎で何か一つでも吸収して帰ってきます。

 

2回戦開始前は、おねーさんの髪の毛を見ても分かるように

かなり風が強く吹き始めます。

飛ばせない私にはつらい〜な!
石川のG3さん

今回も、遠投をぶちかましてました。

1回戦Bブロック1位のrinさん 
流石ですね〜!

必ず上位に入ってきます。

しかし2回戦の激チンに

『ガックリ!』

上位3名は新潟の名手

流石!強いですな〜!!

東北北陸大会で全国大会進出された6名です。

みなさん長崎では私達の分まで

頑張って下さい。

 

大会結果はこちらから