×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 HOTARUKAI  2008年シマノジャパンカップセミファイナル東日本大会 参戦記

釣行日 2008年06月14(土)
場  所 新潟県上越市柿崎区 上下浜 駐車場有り  トイレ有り
潮&気象 若潮 ←詳細はこちら 晴れ晴れ←詳細はこちら

 

 2008年6月14日(土)今期のメインイベントシマノジャパンカップ セミファイナル東日本大会が開催されました。

去年から、この大会の為に色々と準備をして来たと言っても過言ではないほど、勝負の大会です。

地方の大会とは違い、皆さん上手な方々ばかりなので勝ち抜くには容易な事ではありませんが せっかくのチャンスですので、自分の出せる

物はすべて出し切り、悔いの残らない戦いをしようと心掛けました。


今回同じ福田(地方大会)でセミ獲得した静岡のんき会のS水さんと前日より下見をしようと、木曜日の夜から我がサンバーで出発です。

夜が明けたぐらいに、新潟上下浜へ入り 初めての浜で下見開始です。 まずは、本部より左側からS水さんと探って行きます。

過去の情報では、近投でピンを釣る大会と聞いていたので、まずは3色付近からゆっくり海底を感じながら、引いてくると1色付近で、なんだか

キスとは違うアタリが連発! 回収するとメゴチのご一行様 一番左側テトラ付近はメゴチの巣になってるご様子。

二人で右側へ移動しながら、探るもかなり状況は厳しい感じで本部まで二人で2匹しか釣れなません。「明日は厳しい大会になるなー?」

と 話しながら本部前から右側へ歩きます。 正面から右側は、左側とは違いパラパラと波口でキスが釣れます。

時折、20cm前後のキスも混じり、下見とはいえ少し楽しくなってきます。

他の下見の方々にも、ご挨拶を交わし状況をお伺いしても、みなさん だいたい同じ様です。ひととうり確認後 2時ぐらいに遅い昼食を取り

その後は、近所の有名?な電気釣具店へ散策に行きます。

店内は、ものすごい在庫の山で、今は販売停止になった天秤や、200本入りのアスリートキスの針が有ったり、あきる事無く1時間ほど

散策し暇つぶし完了です。

夕方には、大会エリアの旗が設置され、それを確認し前日の下見は終了。近くの温泉に入り旅館で食事を取り、『バタンキュー』

今回、私達が宿泊した旅館は、上下浜のすぐ近くの『民宿さかき』さんです。風呂もありますが、普通の風呂ですので 温泉が良い方は近くに

有りますので、そちらを利用すればよいかと思います。夕食は向にあるお魚屋さんの2階で取ります。 この夕食が最高に美味しい!

刺身の盛り合わせから、煮付け、あれこれ、全部食べきれないボリュームで ホンマ最高ー!でした。

 

さ〜睡眠十分!大会当日です。 タックルを準備後は運命のゼッケン抽選です。

1回戦、ゼッケン40番Dブロック 2回戦Aブロック6番 3回戦Bブロック3番 最近ではめずらしい、なかなかのゼッケンです。

1回戦は前日、良かったポイントのコンクリートの斜面の場所を押さえたい所ですが、帰着ボードの真横なので、ゼッケン的にはムリかな?と

思いつつ、出発の順番を待っていると、みなさん、どんどん奥の方へ行かれて私は簡単に目指したポイントゲットです。(ラッキー)

「帰着ボードの真横だし楽チンやな〜」など こんな舞台でも独り言”ブツブツ”です。

時間になりスタート! 海の状況は昨日と全く違い波高1m程で濁りも入って、かなりゴミが多いです。

1投目、案の定ゴミの攻撃と仕掛けがらみ! 即座に仕掛けがらみの対策をほどこし再投入。 2投目は河豚の攻撃! 「ん〜悩む」

仕掛け交換し3投目は、反応ナシ河豚も釣れなきゃ!キスも釣れまへん! 次も仕掛けを交換し投入すると、2色でキスのアタリ「ヨッシャ!」

結局、この後も、ゴミと仕掛けがらみと河豚の攻撃で釣果ナシです。しかし周りの方もあまり釣れてなかっ様で、1匹56グラムで4位9ポイント

獲得です。2回戦はAブロック このブロックは苦戦しました。 高波で浜のいちばん後ろに立っても足元は波をかぶる状態です。

2回戦は始まってだんだん波が更に高くなりゴミと仕掛けがらみに更に苦しめられながら苦戦していると、かなり大きな波が(地震のせいかな)

打ち寄せ、丁度竿を置いてエサ付けをしてた時だったので、油断してました。 『だっパァ〜ん〜!』 竿、クーラーを波にさらわれ「わ〜ォ」!

下半身、水浸しになりながら かろうじてクーラーをキャッチ!水没した竿を持ち上げ、恐る恐るリールを見ると。 予想的中!

バッチリ砂が隙間なく入り込んでますがな! ここからは、どうしようもなくその場でハンドル、スプール、を外し 砂落とし・・・(ちっくしょ〜)

15分〜30分、コネコネやって やっと、ガリガリ砂がかむ音がしながらも何とか回るようになったので、再回! その後なんとか1匹高波とゴミの

中から取ることが出来終了。このAブロックはかなり皆さん苦労された様で、2回戦も56グラムでなんと 1位12ポイント獲得!

ここからは昼食で、しばしマッタリ〜。 成績表を確認すると、『何とか3回戦頑張れば行けるかな?』 S水さん等に3回戦頑張れ!

と励ましを頂きながら、西日本のぱるぴん(PALPIN)。さんへ、TELを入れます。 「ど〜ですか?」 1回戦コケタ!「もうダメ!」 との事

「最後まで頑張りましょ。」とお互い検討を誓いTELを切り3回戦の準備をします。

3回戦は、本部前のBブロック。ゼッケン3番だったので、めざしてた右端をダッシュで押さえます。ここでもゴミと高波に全然キスを拾えません。

今までは、近投だったのですが、全くの反応ナシに6色まで投げて反応をみます。 この付近はゴミも少ない感じなので慎重に探ります。

何か、モゾモゾするので5色で仕掛けを止め、大きく竿をシャクリ仕掛けを動かすと オモリが着水する頃に『プルプル』小さなアタリが有り

ここは、1匹でも大事にキープ。この後は、何も反応なくセミファイナル終了〜!

3回戦の結果は4位30グラム9ポイント獲得。

終了後は、缶コーヒーを飲みながらタバコを吹かしてると、草野さんが見えて 「すみません 今日のタックルを教えて頂きますか?」

分けも分からず、答えのですが 「何でですか?」と聞き返すと 「おめでとう御座います優勝です!」 

まぐれでも、本当に嬉しかったです 「ヨッシャ!有難う御座います」 S水さんや岩釣会のワダさんに、「おめでとう」のお声を掛けて頂き

なれない場所の表彰台へ上がる事が出来ました。

今回、充実した戦いが出来、更に表彰台に上がる事が出来たのも、エサ、民宿、前情報の手配をしてくれた、同行したS水さんのおかげ

たど思っております。本当に有難う御座いました。この様な場ではありますが、御礼申し上げます。

 

大会結果はこちら

 

前日の下見で、夕方マッタリとしている時

少しお喋りのお付合いをして頂いた

ototoさんです。

遠慮がちなピースがいいですね。
匹数では、負けているのに占有率マジックですね。

1回戦9ポイント  2回戦12ポイント  3回戦9ポイント

ホントに私が優勝で良いものか? 

自分自身でも疑問に思いますが

取り合えず、優勝という事で・・・

一番上は、
気持ちのよか〜!

谷本名人に、積極的に話しかけてますが・・・

メチャひかれてますがな〜!

迷惑やったかな?

谷本名人ゴメンなさい!
なれない場所は緊張します。

小学校の頃から賞状らしき物は、指折り数える

程度しか貰った事がないので、

嬉しい〜ぴょーン
「写真撮るのでサングラスは外して下さい。」

って 言われても、

外すと何にも
えまへんのやわ〜!

表彰台の上で
「メガネ!メガネ!」

言うてもカッコ悪いでっしゃろ。

3人でバンザ〜イ 

ちゃいますでー!

ちゃ〜んと、バンザイの上にガラスの

タテが有りますよ。

草野さんの優しい笑顔に

少し緊張がほぐれます。

色々聞かれましたが、

何を答えたかあまり覚えてましぇ〜ん!

どうせ、

的外れな事答えたんでしょ〜ね。

東日本からは、写真の6人の方がファイナル進出です。 
ファイナルではみなさん宜しくお願い申し上げます。 「がんばるぞ〜!おー!」