×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  HOTARUKAI       投げ歩き釣行記   


釣行日 2008年04月27日(日)
場  所 三重県尾鷲市小山浦〜紀伊長島
-
潮&気象 小潮 ←詳細はこちら 晴れ晴れ←詳細はこちら

ぱるぴん(PALPIN)。さんと、尾鷲方面を投げ歩いて来ました。この時期は、一応調査と割り切りましょ!

4月27日(日)にぱるぴん(PALPIN)。さんと、尾鷲方面を投げ歩き調査してまいりなした。

当初は、敦賀方面も考えましたが、カンちゃん情報で情報収集出来ましたので、それでは三木里より手前を釣り歩きましょう?

と、小山浦〜紀伊長島まで散策いたしました。

あまり、この周辺は浜が少ないので場所選択に限りがありますが、一応行ける所は行きましたので参考になるかどうかは「自由だ〜!フリ〜ダム♪」

小山浦海岸は、大きな砂利浜ですので多点針は非常に投げにくいですが、デカキスはいる様な雰囲気です。

2ヶ所目の大白の浜は 確実にデカキスはいますが、海草(ホンダワラ)に邪魔されるのと、8色の遠投が必要です。

3ヶ所目の古里海水浴場は、極端に浅いです。もう あまり行く事もないでしょう〜!

最終は、紀伊長島漁港の堤防で、ひなたぼっこモードのマッタリ! ピンをパラパラ拾い「おもろない〜」 

 

1ヶ所目は、小山浦海岸です。

大きな砂利浜でかなり投げにくく、70m先にテトラが入っています。

浜はかなり侵食が進んでいて、隣に来たおじさんが、

「今年テトラが追加になった」 と 言ってました。
ぱるぴん(PALPIN)。さんの目の前で漁師が、手釣りを始めます。

2色ぐらいの所で、コチ、タコ?漁をしてるらしいです。

船なんだから、もう少し沖でやってくれないですかね!

1投目から”プルプル”と小さいアタリに、取りあえず確認に

回収して見るとピンが単発です。

写真では、分かりにくいですが、かなり大きな砂利の浜です。

海底は、2色より向こうは根掛かりはありません。

2色より手前は、かけ上がりと大きな砂利でグッグッと引っ掛かります。
次は、連掛けで4連ですが、型が小さいです。

ぱるぴん(PALPIN)。さんの方は、メゴチの巣の様で

メゴチの連掛けに苦戦されてました。
すぐとなりに、おじさんがやって来て、投げる所も狭くなり・・・

おじさんがやって来て「どーや釣れたか?」

「去年、この時期ここで30cmと28cm釣ったで!」

「ここはデカイのおるで!」

のご指導に期待しましたが、近投しか出来ないし 大きな砂利浜に

ぱるぴん(PALPIN)。さんと相談して、

場所移動しましょうか?と タックルを車に積み込んでいると

おっちゃんが浜から「お〜い!お〜い!」と叫んでいるので振り返ると

デカキスを片手に「おるで〜!」 ほんまにおりました。

見に行くと、25cm程ありました。
2ヶ所目は、紀北町 大白の浜です。

とても綺麗に整備されて、家族で芝に横たわりゆっくりするには

最高な場所です。

綺麗なトイレも有りますのでファミリーでどうぞ!

7色で強力なアタリが有りますが、5〜4色付近に

海草(ホンダワラ)のジュウタンが有りなかなか回収出来ません!

ぱるぴん(PALPIN)。さん やっとの思いで取り込むと

良型2連!

次も単発ですが良型です。

でも、強烈なアタリはこんな型じゃないそ〜な?

なんとも、取り込めないので 悔しいですね!
砂利浜で、足元がぬかるみますので、とても投げにくいです。

私も、ぱるぴん(PALPIN)。さんも、投げた後に 足を取られ

ひっくり返りました。
反対側かこんな感じです。
3ヶ所目は 古里海水浴場です。

とても、浅く周囲はブイなどが浮かび なんとも釣れないオーラが・・・

取り合えず、今回は調査と言う事で投げては見ましたが

やはり、全く反応なし!

近投を探ると、”ガツガツ”と下品なアタリ!

河豚の姿を見た瞬間 テンション ダ〜ウン!!
ぱるぴん(PALPIN)。さんを、伺うと

状況は同じ様で、5投ほどしたところで 撤収です。

極端に水深が浅いので、釣れだすには もう少し掛かりそうですね。


この後は、行くところもなく、紀伊長島漁港の堤防で のんびりと

日なたぼっこをしながら、ピンを拾いながら遊んで本日終了です!