×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 HOTARUKAI       投げ歩き釣行記   


 

ぱるぴん(PALPIN)。さんが愛知県知多半島へアイナメ・カレイを狙い釣行しました。

アイナメをねらって、日間賀島に行ってまいりました。

7時5分の定期船に乗って島に向かい、港からは徒歩で目的地へ。8時頃から開始。

アイナメの好物の岩虫と、ちょっとカレイを期待しての青虫でアタリを待ちますが、まったくの無反応。ピクリともしない竿を眺めながら、

時に誘いをかましたりもしていましたが、開始から3時間はノーフィッシュ。「ヤバイ!このポイントは死んじゃったかな。」

うんにゃ、死んではいませんでした。《タン、タン、タタン》のあたりが竿を揺らしたのは11時頃。「んの〜りゃ!」とあわせをいれて、巻き取ると、

来ました来ました、アイナメの30cmオーバー。 12時頃には、《ガックン、ガックン、ゴン、ガックン》と大物を予感させるあたり。

ちょうどこのとき、ケイタイで話中で、肩とほっぺたにケイタイを挟んで、アワセもいれず、三角巻きで巻き取っていると、途中でハリはずれ。

ガックシ。なまかわしてはいけません。せっかくの大物も逃がしちゃいます・・・・。反省。

その後、2時半までやって、アイナメ5匹ゲット。

自信のキメで、25cm未満はリリースなんですが、帰って計ったら、25cmに足りないやつが1匹いました。・・・反省。あやしいやつは検寸するべし。

この日、カレイは釣れませんでした。ここ数年、40cmオーバーのアイナメやカレイを釣ってません。ポイントを新規開拓しないとだめかな・・・・。

ところで、知多半島で投げでアイナメを狙う場合、のがしちゃならない潮時があります。干潮前の3時間と満潮前の3時間。

このどちらかを釣れば、かなりの高確率でゲットできます。潮止まり後は案外、反応悪い感じです。

まれに、すこぶる食いの良い時は、それ以外の潮時でもバンバン食ってくることもありますけど。ちなみに、鳥羽は潮時で釣れる時、

釣れない時がはっきりしてます。大半のポイントが、片潮オンリー。上げ潮で釣れるポイントでは下げ潮はまったく食いませんし、その逆もしかりです。

下げのポイントで上げ潮いっぱい、満潮まで釣りをしてやめたらボーズですが、その後の下げ潮で爆釣ってことがありますんで、釣り場の特徴を知らないと

えらいめにあいます。ちなみに、私の経験上次のような感じです。

[上げ潮ポイント]

安楽島漁港、答志島青灯波止

[下げ潮ポイント]

佐田浜、ブラジル丸跡、フェリー乗り場、桃取、菅島大波止、石鏡、相差、国崎

[どちらもいけるポイント]

安楽島シーサイドホテル下、小浜、神島

参考程度にしてください。違う経験をされた方もいらっしゃるかもしれませんし・・・、あくまで個人的見解です、はい。