×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 HOTARUKAI  第4サンラインカップ投げ 北陸大会  (石川県・大崎海岸)

釣行日 2007年09月30(日)
場  所 石川県 かほく市・大崎海岸 駐車場有り  トイレナシ
潮&気象 中潮 ←詳細はこちら 曇り曇り←詳細はこちら


やはり地元北陸勢は強かった〜!です。

 各メーカーのトーナメント最終戦なる サンラインCUPが北陸・石川県・大崎海岸で開催されました。

今大会は、一度台風の接近に伴い延期になりましたが、その際では スタッフ皆様のすばやい対応と気遣いにて 私たち参加者は大変ありがたく、

また今回中止ではなく延期にて開催出来た事が、とても嬉しく思います。 大会関係者・スタッフの皆様は大変ご苦労されたかと思いますが、

この様な場ではありますが、お礼申し上げます。

 

 前日から天気の心配をしながら、天気予報チェック!チェック! 一日中“曇り”マークに若干安心しながら、ヒゲじ〜さんと連絡を取り合い、ポイント情報や、

あれや・これやと大会当日に向け話が盛り上がります。 当日は、ひげじ〜さん・ひげじ〜さんのお連れさん2人と ぱるぴん(PALPIN。)さん・投げ釣り 

駆け出しの田中君・私と 6人での参加となり ひげじ〜さんグループと北陸自動車道・徳光パーキングにて待ち合わせです。

若干早く到着した私たちは、しばし仮眠を取ります。『うとうと〜!&ぐ〜スカピ=』 してると、またしても突然!

車が「ゆっさ!ゆっさ!」“なんじゃ〜”と飛び起きると、ひげじ〜さんが 「おはよ〜ぅ〜御座います。。。」 よだれをフキフキしながら

「おはよ〜ぅ〜御座います」と皆さんと挨拶を交わします。 一路大崎海岸へ“再出発〜っ!ぽっぽー!” 会場近くのコンビニで食料等買い込み

『プシュ!』っと一杯引っ掛け、更に仮眠を取ります。

時間になり、会場に向かうと参加の皆さん、続々と集まっておられ、かなりの車が並んでいます。

受付時間になり車の外に出ると、北陸地方はやはり寒いですねー『ブルッ!』と体を震わせながら長蛇の列に並ぶと、後ろから聞き覚えのある声が? 

振り返ると、手取のマサさん&若宮さん 「どーも、オハヨウ御座います」 ご挨拶を交わしながら 更に後ろには、宇治きちさん&まさだうえさん

「あぁ〜どーもオハヨウ御座います」またまたご挨拶!今回はこまねこさんは、足の捻挫と身内のご不幸で欠席のご様子!

受付を済ませ、準備をしてると のんき会・清水君や(チロリ有難う御座いました) TAKE@紀州さんが見えたので、これまたご挨拶。

その後にカンちゃんが見えてまたまたご挨拶です。今回も色々とお世話になり本当に有難う御座いました。。。

開会式前にしばし時間が有ったので 皆さんの写真を”パチリ”!

  

時間となり タックルを準備し本部の前に集まり競技説明を聞いていると、初参戦の田中君 緊張してきた様で、「あー緊張してきました!」

  

“私もにもその緊張感を分けてちょうだい!”と思いつつ 競技説明も終わりスタートです。前日の下見で、のんき会の清水君が右側が良いのでは?

の情報に、取り合えず右側へ歩きます。

海を見ながら歩いても、なんの変化も無く更に、更に右側へ歩きます。。。

ポイントも分からないまま、なんとなく白尾インター手前付近でクーラーを置き、早速仕掛けをセットしますが、次々に通り過ぎてく、

 

ヒゲじ〜さん・ぱるぴん(PALPIN。)さん・清水君に「こんな所でいいの?」と言われつつ、少し不安になりながら 第1投目!

5色付近に投げ ゆっくりとリールさびきで探りますが、無反応・・・ 回収すると浅く白波が立っているせいか仕掛けがグチャグチャにからんでます。

仕掛けをセットし直し再度投入。今度は白波を避け4色付近から1色まで探りますが、これまた反応無し。。。

仕掛けを回収すると、メダカのようなキスが1匹!「何じゃこりゃ!」釣るには可愛そすぎるサイズに、本当は逃がしてあげたいのですが、

『ミニキスちゃんごめんね。』と思いつつ クーラーに入れます。次も同じポイントを攻めると、3色付近でかすかな当たりがあり、

回収すると またしても同じサイズが1匹! 「重量勝負なので、このサイズでは話にならんな〜!」と得意の独りごとをブツブツ言いながら

投げ返しますが、その後は、2投に1匹のペースでしか釣れず、少し本部側へ場所移動です。

その頃には雨も本降りになり、私の10年以上使い込んだ自転車用のカッパは徐々に浸水しはじめるのでした。。。。

奥の方を見ると、白尾インター真下付近では皆さん団子状態で釣られている様で、きっとあのポイントは釣れてるんだろな〜と思いつつ・・・ 

ぱるぴん(PALPIN。)さんは、その手前の大きなワンドで釣られている様ですが状況も分からず、遠めに「頑張れ〜!」と声援を贈りながら、

自分にも「おまえも頑張れよ!」と励ましながら、なんの変化の無い場所で釣ったのですが、その後は横にサーファーさんも参上され、

最悪のコンディションとなりましたが、移動しようと思うと2連、3連、と釣れ 移動の機会を逃しながら、最後までメダカをパラパラと拾いながらタイムアップ! 

結果はあきらかで、約30匹程で180g『ブッブー』話になりましぇ〜ん! ヒゲじ〜さんも240gと一歩およばず これまた残念! 

ぱるぴん(PALPIN。)さんはと言うと匹数では、ダントツに皆より釣られた様ですが、やはりメダカでは重量あがらなかったみたいですね〜。

320gで22位です。 帰りの車中で話してたのですが、報知大会の匹数勝負では、デカキス釣って 今回の様な重量勝負ではメダカキス沢山釣って!

“うまい事いかんな〜”つくづく「キス釣りは難しい!」と実感しました。

   

表彰台はT中さん・かず太郎君・テスターの力石さんでした、やはり流石!ですね〜! 

上位入賞者は、北陸勢が大半をしめ「やはり強かった〜!」ですね。。。 今大会初参戦の田中君は、雨降る4時間の長兆場を頑張りましたが・・・ 

キス釣りの難しさが身にしみた1日ではなかったでしょうか? これに懲りず今後も、楽しくキス釣りしましょう〜ね! 

素晴らしい ぱるぴん(PALPIN。)師匠の下、色々と教えてもらうと、きっと表彰台は夢ではないでしょ〜! 

今大会は1日中雨が降っていたので、久しぶりに お逢いできた方々とあまりお話出来なかった事が残念ですが、皆さん雨の中お疲れ様でした。

 大会結果はこちらから