×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 参戦記 20070825日(土)東海A大会・静岡県 福田海岸  

釣行日 2007年08月25日(土)
場  所 静岡県 磐田市・福田海岸 駐車場有り  トイレ有り
潮&気象 大潮 ←詳細はこちら 晴れ←詳細はこちら


シブイ釣果の中、なんとか交通事故のキスにめぐり会い まぐれでセミゲット出来ました。


 今回の大会は当初8月4日に行われる予定でしたが、台風接近に伴い8月25日に開催されました。

連日、30℃をこえる猛暑の中 お盆連休中もクーラーのきいた部屋で”ウダウダ”してた私ですが、全く気合の入らない状態での参戦となりました。

当日は、ぱるぴん(PALPIN)。さんと 早めに到着して『プシュ!』 と一杯やってゆっくりしましょう〜!と言う事で PM10:30に ぱるぴん(PALPIN)。さん宅を

出発します。 今回は、ヒゲじ〜さんも参戦予定で、後からゆっくりと来るという事でしたが、道中ぱるぴん(PALPIN)。さんへ電話が入り

「寝れないので、今から出発しますわ〜」 どうも、かなり気合十分のアドレナリン出まくり様です。

途中、ビールと、おつまみ・熱中症対策にお茶等をコンビニで買い込み2時間程で到着します。 到着後は、二人とも気合も入らず、釣りの話しもせず 

まったりと雑談をしながら、『グビ〜!』っとしてから、「グ〜スカピ〜」仮眠を取ります。

AM4:00にアラームで起きると駐車場は車でいっぱいで、ガヤガヤとし始めています。 すると急に車が ユサユサと動き出し ぱるぴん(PALPIN)。さんが

「車がゆれとるぞ〜!」 えらいこっちゃ〜 何事かいな? すると後ろで ヒゲじ〜さんが、「おはよう御座います。〜」 お〜ビックリした〜!!!

ヒゲじ〜さんかいな! そこからは、のんき会の 原ボー・清水君・も集まり しばし くつろぎトーナメント談議に入ります。

そうこうしてると受付時間になり、本部へ皆さん集合です。今回は参加者300名近いと聞いていましたが、そこまでは多くない感じで 250名ぐらいの

感じがしました。 (正式には何名か分かりませんが、あくまで私の見た感じの予想です。)

そして、運命のゼッケン抽選ですが、くじ運の悪い私は最後にしてもらい まずは ヒゲじ〜さんが『エイヤ〜!34番』 Good!Good!

次にぱるぴん(PALPIN)。さん『エイヤ〜!46番』 Good!Good! そして私 『エイヤ〜!113番』何やねんそれ! 

まっでも 真ん中の位置なのでここはOK!としましょう〜。。。  

受付を済ませた後は、タックルを準備し本部前にゼッケン順に整列しますが この時点でもアドレナリンが出ません!

緊張感全くナシの状態で、競技説明後スタートします。前回のSDBC同様右側へ歩きますが、また福田海岸の浜が歩きにくい、歩きにくい!

日差しも少しきつくなり始めていたせいもあり、100m程歩いただけで 汗が噴き出して来ます。

浜の状況を確認しながら ニコチンの付いた肺をゼイゼイ言わせながら歩いていると、先に出発した清水君がポイントを抑えた様です。「ここ釣れる?」と

聞き、ふと横を見ると ヒゲじ〜さんもいます。「会長横においでよ〜」 と言われたので、一瞬迷いましたが、もうちょっと自分の納得したポイントを探そうと

「もうちょっと行きますわ」 と更に歩きます。

そうしてると、先の方に 大きなでっぱりがあります。「あの場所や〜!」 他の人にポイントを抑えられない様に 残った体力を振り絞り走ります。

すると、ぱるぴん(PALPIN)。さんも、同じ様で、すでにポイントを抑え タックルのセットに入っています。 

ぱるぴん(PALPIN)。さんに追いつき、「ここは釣れそう〜やな」 と声を掛け 横が空いてたので二人並んで釣座をとります。が もう汗ダクダクで

サングラスは曇るし、釣り始める前から かなりの疲労困憊状態です。

竿を継ぎ、仕掛けをセットし 第1投目 出っ張りの横にプール情になっている所へちょい投げします。 3色付近は浅いようで、すこし早巻きし2色付近から

海底の変化に合わせ、竿さびきしてみると 2色始め付近で『ブル!ブルルル!』いいアタリが出ます。 

近況の福田海岸では、あまり釣れて無い様で 今回は4匹が勝負のボーダーラインと聞いていたので、連掛けを望まず1匹を丁寧に取り込もうと、仕掛けを

丁寧に回収します。 すると20cm程のなかなかのサイズ! 「よっしゃ!」

朝一番のポイントが荒れてない時に釣果を延ばそうと 張り切るが、2投目は、何も反応がない?  「あれ?」 仕掛けを回収すると、

グチャグチャでんがな〜! 仕掛けをセットし直し、再度同じポイントへ投げ返すと、またしても『ブル!ブルルル〜 』 いい当たり

様子を見て回収しようと思うが、何かおかしい? 竿さびきで様子を伺うと なにやら仕掛けには生態反応が感じられない? 針に乗らなかったか?・・・ 

「キスちゃん!鈴屋の大将が厳選して取り分けてくれた、おいしいチロリ食べてよ〜!」 いつもの オヤジ一人ごとを、ブツブツ言いながら回収すると、

案の定 素針! おまけに仕掛けは、グチャグチャ! 『ちくしょ〜いい当たりだったのにな~』 気を 取り戻し、仕掛けをアスリートキス5号から、

T-14号に変更し投げ返します。連続しての 仕掛けトラブルで かなりのタイムロスに、若干気持ちが焦りつつ、じっくりと海底を探ると、

また同じポイントで 『ブル!ブル〜』 1718cmを追加します。

少し落ち着いた所で、隣のぱるぴん(PALPIN。)さんを伺うと 流石!もう3匹釣られていて、ポイントを聞くと1色〜力糸のようだ? 

それではと、私もその付近を探ると『ガツガツ!ガツ!ガツ!』 いい当たりですが、あきらかにキスとは違うアタリに、回収すると 小さい黒鯛が2連! 

これでまた仕掛けがグチャグチャ! 連続の仕掛け交換にいつもなら イラだつのですが、久しぶりの釣りに 楽しくて、 ・・・ ! 

そうこうしていると、ヒゲじ~さん、清水君が来て、最初のポイントで、全然釣れない様で、私たちの所で4人並んで釣ります。 

すると隣で今回チャンプのフルマキさんが、ド遠投で 良型を3連掛けで上げています。 それを見て そこからは皆で遠投合戦!

ポイントを聞くと、8色以上がポイントようで 一応私も遠投しますが、遠投の出来ない私は、よく飛んでも7色後半で 「全然とどきません〜!」 

しかし、なんと 交通事故のキスちゃんがいた見たいで、6色半で、『ブル!ブル〜』 「ラッキー」 なんとか1匹追加。。。 

その後は、言うまでもなくポイントに届かないので、全く釣れず、1回戦は3匹で終了です。

本部へ帰ると、釣果は 釣れた人と釣れなかった人のバラツキガ有るがあるようで、1回戦突破は厳しいかなと思いましたが、

なんとか145gでギリギリ通過。 「交通事故のキスちゃんありがとう〜!」と心の中でお礼をいいながら、お茶をがぶ飲みします。

ぱるぴん(PALPIN。)さん、ワダ君、清水君は実力どうり1回戦通過で、どうした事か 今回 本命の蛍会の松坂大輔こと ヒゲじ~さんは 

1回戦敗退「ん〜残念。。。」 こんな事も有るんやな〜!  そして熱い日差しがジリジリと照りつける中2回戦開始です。

2回戦は、1回戦上位の方が釣られていたポイントに集中して、遠投合戦でつぶし合いになるだろうと予測し、1回戦と同じポイントで近投勝負しようと、

ポイントを目指します。

案の定、1回戦上位ポイントは、ダンゴ状態の様です。私はその左横のプール状になった所に入りますが、私の左側はがら空きで、

思いっきり斜め引き出来る状態でこれが、ラッキーでした。

2回戦開始のホイッスルが鳴ると、右側の1回戦上位者ポイントは 遠投合戦!! 音が凄いですわ!!! 私はその横で、ちょい投げで超斜め引き

周囲は近投する方は誰一人いませんが、ここは自分を信じ、丁寧に探ります。

すると、1投目から2色前半で、いいアタリがきます。ここは 追い食いは求めず丁寧に取り込みます。 ヒゲじ〜さんが炎天下の中 応援に駆けつけて頂き、

声援の中 同じポイントをゆっくり、丁寧に探って、4投目にまた同じポイントで 『ブル!ブルルル〜 』 良い当たりが出ます。ここも落ち着いて 

波口でばらさない様、ゆっくりと上げます。 それまでは、あまり意識していなかったセミ進出ですが、 ヒゲじ~さんの「この調子ならセミ取れるよ!」「頑張れ!」

の言葉に、ふと我に返り、「ヨッシャ~! セミ取るぞ!」 気合が入ります。が、私が釣ったのを見てたのか?左側へ2人 入って来て私と同じ様に近投ます。

「ん〜 斜め引きができん!」 案の定 そこからは、キスのアタリは遠のき 代わりに ミニ黒鯛の攻撃に遭います。 ぱるぴん(PALPIN。)さんはと言うと、

1回戦上位ポイントの、ダンゴ状態を嫌い、さらに右側へ行かれた様ですが、超過はイマイチの様で こちらの方へ移動されて来ましたが、この時点で1匹!

 ここでお互いの検討誓い合い ぱるぴん(PALPIN。)さんは、更に左側 本部側へ移動します。

ここからは、我慢の釣りで 辛抱、辛抱! 私の右側では、皆さん 大遠投合戦が繰り広げられていましたが、見てると 2連、3連、と好調の様で 

その中でも 清水君・フルマキさんが、ダントツに超過を延ばしています。 「ちょっとかなわな〜」 と思いつつ、ダンゴ状態の人数を数えると11人!  

セミ進出は12名なので なんとか最後でもいから すべり込もうと 自分で気分を盛り上げます。。。 そんな最中 ヒゲじ~さんが、「あれ すごいね〜!」 

指差した方向を見ると、釣りとは全く関係なく、ナイスバディ〜 の外人さんが、海水浴されている様で、超過激なビキニ姿に 「うほ〜ぅ!!こりゃえ〜な!」 

かなり 気になります。(アホ) ここでエロオヤジ炸裂で、しばし よだれをたらし見とれてしまいますが、「いかん、いかん、」ふと 我に返り 釣りに集中です。 

超過激なビキニの外人に見とれてるうちに、左側の方が移動されたので、ここからまた、超斜め引きです。

しかし、やはりポイントが荒れたのか、全く反応なし!!! 困った! 「ヨシ!少しポイントを休ませ 最後の30分に掛けよう!」 

と自分なりに作戦を立て、ポイントに届かないのは承知で遠投を試みますが、かなりの勢いで左側へ流されます。 

仕掛けを流しながら はるか左側のワダ君の所まで行き、超過を聞くと やはり大遠投で「今2匹です。」

との事で、やはりこの渋い中しっかりと持ってるな〜と感心してると、更に1匹追加した見たいで、更に感心!感心!  

しかし これでは12名に入れんな〜と思いつつ、 最後の30分に掛けます。

「たのむよー! キスちゃんチロリ食って!」 と願いを込め 近投をゆっくりと探ります。

『ブル!ブルルル〜 』 作戦成功〜! しかも なかなかの良型。。。  また同じポイントへ投げ返すとまた、『ブル!ブルルル〜 』 今度もいいアタリです。

ニヤニヤしながら、調子に乗っていると、針に乗っていませんがな〜(ガクぅ〜) 最後の1投も、何も反応なく 『ピピー!』 終了のホイッスルです。 

結果3匹この時点では 「今回も2回戦敗退かな?」 など考え、また炎天下の中、フラフラしながら本部へ戻ります。ま〜本部が遠い、遠い!

本部へ戻る途中ワダ君に釣果を訪ねると私と同じ3匹。 本部へ戻り、ぱるぴん(PALPIN。)さんへ訪ねると2匹、 検量で周りを見ると、

皆さんあまり釣果は良くない感じで、もしかしたら?と思いつつ検量をすると170グラム 意外と型が良かったのが幸いです。

結果発表まで時間が有るので、車へお茶とデジカメを取りに戻りますが、もうフラフラ〜プ〜です。

お茶とデジカメを持参し、発表ボードの所へ行くと、皆が「多分セミ行けたよ!」 「本当ですか?」と、

うれしい様な、正式に結果が出るまでは 信じられないような複雑な気分で、取り合えず

正式に結果が出るまでは、みんなで写真でも撮りましょうーと パチリ!そして、結果発表〜! 

のんき会・清水君3位、 私9位、 岩釣会・ワダ君12位、ぱるぴん(PALPIN。)さん 20位、 

ぱるぴん(PALPIN。)さん 一歩セミに届かず残念!です。 

しかし、のんき会の清水君 流石ですな〜。  前回のDSBCに続き表彰台!おみごとです。

おめでとう御座います。岩釣会・ワダ君 セミゲットおめでとう御座います。実力通りですね〜!


 

 

 

 

 

また、富山の地ビールとおかきの差し入れ有難う御座いました。家に戻り 早速『グビ~』 とやりましたが、最高〜でした。本当に有難う御座いました。

同行された塚田さんお疲れ様でした。最後に少しだけお話しましたが、今後もいろんな所でお逢いするかと思いますので宜しくお願いします。

 

大会終了後は、みんなで おいしい げんこつハンバーグランチを食べながら、ワイワイと釣り談議に花咲かせ、あっという間に時間が過ぎ、

とても楽しい1日でした。 ヒゲじ~さん げんこつハンバーグランチ 本当に美味しかったです。ごちそう様でした。

 

しかし清水君の話を聞いていると 静岡の方は、皆さん凄いですね〜!

私達の知らない世界が有ります。 でも本当に勉強になりました。清水君また色々と教えて下さいね。


大会結果はこちらから どうぞ・・・