×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポーツ報知のロゴ報知キス釣り選手権・名人戦   2007062日(土)鳥取予選大会・弓ヶ浜  

釣行日 2007年05月02(土)
場  所 鳥取県 境港市・弓ヶ浜
駐車場有り  トイレ有り
潮&気象 大潮 ←詳細はこちら 晴れ晴れ ←詳細はこちら

前日 海が荒れた様で、シブイ釣りになりましたが、ぱるぴん(PALPIN)。さんが決勝戦進出です。流石!!!

 今回 トーナメント3戦目は、報知キス釣り選手権・名人戦で弓ヶ浜へ行ってきました。

今回の大会は土曜日と言う事で、道中5時間は掛かると予測していたので 金曜日は仕事を、定時で切り上げPM9:00に私の自宅に集合です。

今回も、ぱるぴん(PALPIN)。さんの”トヨタ2000-GT”009号(ゼロゼロナイン)号にお世話になり、トットと荷物を積み込み出発進行〜!『ポッポー』

道中は、長い道のりなので まずはぱるぴん(PALPIN)。さんに運転して頂き、東名阪〜西名阪〜大阪環状線〜中国自動車道〜米子自動車道 経由で

弓ヶ浜へ向かいます。 道中は、JCの西の浜・三里の反省や あれやこれやと トーナメントの話に花がさきます。 

ぱるぴん(PALPIN)。さんは、今回の報知もかなり気合十分の様ですが、私はと言うと かなりリラックスムードで緊張感0%で御座います・・・

これでは、体内のアドレナリンの放出もなく勝てませんわな〜。 途中から運転を私に代わり AM2時頃に到着です。

駐車場では、参加者と思われる車がすでに何台か止まっており、私達もその中に混じり受付時間まで仮眠を取る事にしました。

JC三里では、なかなか仮眠出来なかったので今回は、ぱるぴん(PALPIN)。さん共々 『プシュ』っとするやつを 途中のコンビニで買い込み 

いっきに飲み干します。仕事終わりに、そのまま走ってきたせいか すぐにアタマが『クルクル〜』となり、朝まで”グ〜スカピ〜”です。

受付時間が迫って来た所で、顔と歯を磨きトイレを済ませ受付へ行き済ませます。 (報知の大会は、ゼッケンも何も無く当日参加もOKの様です)

受付を済ませ、タックルの準備をしてると ササメの吉井さん、脇田さんがいましたので ご挨拶を交わします。 弓ヶ浜 情報を若干頂きスタートの本部前へ

集合します。 吉本さんより大会の注意事項の説明を受けた後に、となりの方にクーラーチェックをして頂きスタートです。

ゼッケンがないので、それぞれ一斉に浜へ出て行きます。(JCの大会ほどギスギスせず、皆さんのんびりスタートです。)

それぞれ、ポイントに入り実釣開始します。 まずは、近投から探りを入れてみると、すぐに3色でアタリが出ます。『ブルブル』と連掛けを予測されるアタリが

連発し、「これは今日はつれるぞ〜」と お決まりの独り言を言いながら 仕掛けを回収します。

!!!ところが!!! なんと、仕掛けには、10〜12センチ程のキスが1匹!!!「あれ〜」 周囲では、1投目から連掛けでGETしています。

これを見た私は、かなり 焦りモード突入です。(これが今回の敗北の原因でしょう)

次も、2,3投するも、なかなか釣れて来ません!潮の流れと一緒にぱるぴん(PALPIN)。さんが横に来たので、「どうですか?」と尋ねてみると 状況は

あまり良くないかんじのようです。 しか〜し 流石!ぱるぴん(PALPIN)。さん私の横で 仕掛けを回収すると”ズラズラズラ〜”っと連掛けです。。。。

「6色やな!」これを見た私は 更に焦りモードに、どっぷりとはまります。 

その後、ぱるぴん(PALPIN)。さんは、早々に本部方面へ場所移動して行きます。

私はと言うと その後、仕掛け、天秤、あれやこれやと、 やりましたが ポツポツとしか拾えず かなり あきらめ状態です。(匹数勝負は難しい)

ところが、残り30分程でアタリが出はじめ 単発〜3連と調子が出てきます。。。

が ここでタイムアップ  タックルを仕舞い凹み状態で本部へ戻ります。 

結果、21匹 ダメ〜!!!  四国決勝戦の切符は無理でした。

ぱるぴん(PALPIN)。さんは、流石!しっかりと持ってましたわ〜

       <ぱるぴん(PALPIN)。さんのコメント>

 報知ではエリアが狭くてオマツリ多発。うろうろして、北側の流れ込みの左側

(流れ藻の大量漂着地点、ここらでやっていた方がみんな藻に手を焼いて撤退されたため、

50メートルはどポッカリ空いてました。)で後半は 遠投の連続でした。

投点は7色後半から、たまに8色。6色まで決めびいてポツポツ拾ってましたが、試合時間も残り40分のところで

竿が真っ二つ!!!!!(最近お気に入りの競技スペシャル33が〜〜〜)どうも、遠投を繰り返すうちに1番が抜け

ずれてたんかなー。1番の太いところ、2cmほどがポッキン。折れた竿の残存を引っこ抜いて、むりやり差し込んで

釣りを続けられたんで良かった。ただ、もう決勝進出はあきらめてましたけど・・・。早あがりして検量。

案外、みなさんに抜かれない、全体にシブかったようです。28匹、同着8位でなんとか淡路島での決勝進出です。


ぱるぴん(PALPIN)。さん 決勝進出おめでとう御座います。 昨年 不調だった分 今年取り戻してますな〜!

ササメの脇田さん、堂々の3位おめでとう御座います。 このシブイ状況の中 35匹とは流石です〜!お見事!!!

吉井さん、後1匹!「いや〜 残念やな〜」 1匹は大きいですね〜・・・

今回、お声を掛けて下さった 林さんも、当然の決勝戦進出おめでとう御座います。記念に写真を撮らせて頂きました

 

 

 

ササメの吉井さん・脇田さんは、大会後「水道でデカキス釣って楽しみました!あたりは結構あるのですが根がきつくてあまり取り込めませんでしたが・」

との事です。。。写真を頂きましたので、掲載させて頂きます。写真有難う御座いました。

 大会で こんなん釣れたら良いのにね〜!