×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 参戦記 20070527日関西大会・三里浜  

釣行日 2007年05月27(日)
場  所 福井県福井市・三里浜 駐車場有り  トイレなし(三里浜)
潮&気象
若潮
満潮 0:04 (20cm)
  11:37 (25cm)
干潮 5:08 (14cm)
  18:32 (9cm)
日出 4:41  
日入 19:03  
月出 14:41 (27日)
月入 2:08 (28日)
天気 晴れ晴れ
気温 最高気温 23.9℃
最低気温 14.4℃
露点温度 11.3℃
湿度 60%
風向
風速 8m/s
気圧 現地気圧 1006.2hPa
海面気圧 1008.2hPa

激シブの中 ぱるぴん(PALPIN)。さん・黒部ヒサさん セミファイナル進出おめでとう御座います。

 今年もトーナメントシーズン到来です。今年は昨年と違い水温も順調に上がり釣果の方も まずまずではないかと予測されましたが、

前週の中部大会、今回の関西大会共に激シブの大会になりました。

前週の中部大会では、1回戦 4グラム足らずの1回戦敗退。ぱるぴん(PALPIN)。さん ヒゲじ〜さんは、共に2回戦に進出するも 後1歩届かずと とても

悔しい思いで 今回の関西大会へ挑みました。

今回は、定員150名に対し200人近くの参加の応募があった様で、駐車場も海水浴場の方も使用する程の盛況ぶりの為、早めに大会会場へ乗り込みました。

到着時は、まだ暗い為 車中で仮眠を取ろうとしましたが、今回珍しく緊張している様で なかなか寝る事が出来ません! そうこうしているうちに 外は

徐々に明るくなり 外では人の話し声が聞こえ仮眠を取るところか お目目パッチリです。 

緊張しているせいか?ぱるぴん(PALPIN)。さんの車の中で横になっていると なにやらお腹が

「ギュルギュル〜ピ〜」と悲鳴をあげます。ぱるぴん(PALPIN)。さんが、「大丈夫かいな〜?」と

声を掛けてくれますが、「あきませんわ!○んこ行ってきますぅ〜」 幸いに仮設トイレを準備して下さって

いたので、トイレに走りよりますが先客さんの様で、外でお腹を「ギュルギュル〜ピ〜」と鳴らしながら、

変な汗をたらし・・・ 無事に用をすませ、スッキリとした所で受付時間となり、ぱるぴん(PALPIN)。さんと 

運命のゼッケンのくじ引きです。 まずは、私が『えいや〜』43番です。 次にぱるぴん(PALPIN)。さん

『あちゃ〜』205番 もしかして最後? 車へ戻りタックルを準備しますが、あまりのゼッケンの悪さに

放心状態のぱるぴん(PALPIN)。さん!気を取り戻し、タックルを準備していると 静岡のんき会の

”原ボー”さんに会い、頑張りましょうー!のご挨拶をかわし、本部前へ集合します。

ゼッケン順に並ぼうとしていると、北近畿の佐織さん奥村さんがいたので 「どうも蛍会です。」の ご挨拶!

並んでいる時も少しの間ですが、奥村さんと お喋りさせて頂いたせいか、リラックス出来 「スタート」です。

目指すポイントは、事前に ぱるぴん(PALPIN。)さんと 話し合い本部より左側のテトラ前は 混雑するので

右側のタンク付近に絞り込む事にしました。 ゼッケンが良かった私は、スタートダッシュをかけます。

三里の浜は、足がぬかるみ とても走りにくく川を越えた辺りですでに失速! 

ニコチンの沢山ついた肺が悲鳴をあげます。

なんとか、歩きながらタンク手前のワンドを見つけポイントをおさえクーラーを置き 振り返ると すでに ぱるぴん(PALPIN。)さんが、隣にいます。

「スゲ〜!」この おいさんの脚力には関心させられます。 (さすがの、ぱるぴん(PALPIN。)さんも205番からの追い上げはきつかった様です。)

早速タックルを準備し 6:00開始です。 まずは1投目4色から探ります。・・・全く反応ナシ!

2投目近投で波口の泡の中を探りますが、『ガッ!』下品な当たりが有り、案の定 河豚の2連です。

奴らに、仕掛けを奪い取られ 再度仕掛けをセットし、投げ返しますが 全くの反応が有りません!。

近投をすれば、高い波に仕掛けは グチャグチャ!!  ぱるぴん(PALPIN。)さんは、隣だったので 様子を伺いますが やはり激シブの様です。

ぱるぴん(PALPIN。)さんが「こりゃ〜ダメやな!移動するわ!」 私は、もう少し様子を見る事にしましたが、周りでは やはり釣れないのか

パラパラと、移動が始まります。 静岡のんき会の 原ボーさんも、移動を繰返している様で、私の前にきた時は「こっちはダメなんでテトラまで戻る!」

との事で、私の周りには人がいなくなります。

その後、少しの間 遠近を丁寧に探りましたが、なんの反応もなく 時間をロストするだけとなり、私も慌てての移動となりました。

本部方面へ移動しながら いろんなポイントを探りますが、時間だけが過ぎて行き 周囲の方に釣果を聞きますが、○ボの方がほとんどで、

右側は本当に激シブのようです。 途中、あきらめそうになる気持ちを『大丈夫絶対にポイントは有る!』と自分に言い聞かせながら、時計を見ると 

残り1時間足らず。。。

ふと、遠方の ぱるぴん(PALPIN。)さんの方を見ると! 「ありゃ〜!釣れてる釣りをしてる〜」 (これは長年一緒に釣りをしている私にしか分からないでしょう。)

それを見て、慌てて、ぱるぴん(PALPIN。)さんの場所へ近寄り「釣れてる???」と聞いて見ると、案の定 「1色で釣れとるで!」

この場所では、先に場所移動した 静岡のんき会の”原ボーさん” 富山”岩釣会”のワダさんが竿を出されていたので 「ゴメン!間に入れさせて〜」と

お願いし仕掛けを投入します。 残り時間も少なくなり、気持ちが焦っているせいか なかなか釣れません。

横では、ぱるぴん(PALPIN。)さんが、この激シブの中 良型を2連と凄腕ぶりを発揮しています。

気持ちを落ち着かせ、丹念に探ると 『ブルブル!』 「やっと 来た〜!」死ぬほどうれしい1匹で、これで少し気持ちも落ち着き その後、残り30分程で 

3匹を追加しタイムアップとなりました。

本部へ帰って見ると 皆さん流石!この激シブの中結構キスを持ってますね〜! 結果 私は、1回戦98グラム・・・「ダメだ〜」と思い、

ゼッケンも外し、くつろいでいた所 役員の方が『1回戦通過ラインは、98グラムです。』 とのアナウンス!!!

なんと1回戦最下位通過、「やった=!」 やっぱり最後まであきらめてはダメですね〜。

ほんと 良かった 間に入れてくれた ワダさん、原ボーさん、ぱるぴん(PALPIN。)さん 有難う御座いました。

1回戦は、黒部ヒサさん1位・ぱるぴん(PALPIN。)さん3位・原ボーさん、ワダさん、共に1回戦通過し 2回戦進出です。

 2回戦は、サーファーがいたせいか 本部左側のテトラ付近が範囲となり 5秒間隔のスタートです。 

最下位の私は、最後方からのスタートになります。皆さん左側奥の方まで行っている様ですが、私にはポイントが残っていないだろうと

のんびりと本部へ入ることにしました。 これが失敗の始まりですね〜!  投げても投げても、・・・ 移動を繰り返し 投げても投げても・・・・ 撃沈〜!

交通事故の様に、ピンが1匹釣れましたが 結果21グラム 問題外ですわ! ワダさんは、最後にテトラの間を遠投したところ良型にピンが2連

掛かった様で、まずまずのグラムを稼いでいるようですが 結果11位の様でした。あと1歩残念!!!

2回戦結果は、やはり奥の方まで行かれた方は良かった見たいです。

黒部ヒサさん4位 流石! セミゲットです。 当会のぱるぴん(PALPIN。)さん ぎりぎり9位セミゲット!!おめでとう御座います。

黒部ヒサさんについては、2年連続のセミゲットですねー。 安定した実力に本当に感心させられます。

ぱるぴん(PALPIN。)さん 来年は、お抱え運転手 任せてちょ〜! 二人ともセミファイナル頑張って下さいね!

   

そう言えば黒部ヒサさんは、今年もセミファイナルが有りますが、ファイナルの舞台に立てることを私は信じてますよ!頑張って下さい。

 今回、いろんな方々からお声を掛けて下さり本当に有難う御座いました。又 激シブの中お疲れ様でした。

岩釣会のワダさん、静岡のんき会の原ボーさん、とても楽しいひと時、有難う御座いました。良い勉強が出来ました また お逢いする事が

有ると思いますが、その際は 今回同様遊んで下さいね。

渥美サーフの丹羽さん、Sタケさん 今回は少しだけしかお話出来ませでしたが、またヨロチクビーです。

   

北近畿の佐織さん準優勝おめでとう御座います。これでDSBC、JC両方ともゲットですね〜。流石! 

奥村さん、スタート前に少しですが お話しができリラックススタートが出来ました。感謝しております。またお逢いした時は宜しくお願いします。

  

2007シマノジャパンカップ関西大会・三里浜 大会結果はこちらから