×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 HOTARUKAI       投げ歩き釣行記   

釣行日 2007年04月30(月) 05月01日(火)
場  所 三重県四日市市・吉崎海岸    三重県津市・香良州海岸
潮&気象
大潮
満潮 4:35 (208cm)
  17:13 (216cm)
干潮 10:53 (34cm)
  23:10 (63cm)
日出 5:05  
日入 18:37  
大潮
満潮 5:03 (215cm)
  17:51 (224cm)
干潮 11:25 (16cm)
  23:43 (68cm)
日出 5:04  
日入 18:38  

吉崎海岸は、やはり早いみたい! 香良州海岸は、去年より早いみたい!

 ゴールデンウィークを向かえ、天気もまずまずで さ〜!何処に行こうかなと 張り切っていたのだが・・・

休日初日に寝坊をしてしまい、未だに釣行してない!  「んー うず^うず^するー」 

しょうがなく、30日の休日出勤前に 地元の吉崎海岸へ出かけてみます。 この場所は、この周辺では釣れ初めが一番遅く 時期もとても短いが

シーズンに入れば、そこそこ楽しめる 隠れポイントでもあります。 しかし少し時期を間違えると、”○ボ”になってしまいますので ご注意を!!!

時期的には、早いと思いつつ 暖冬の今年ならと 少しだけ期待を持ち ”○ボ”覚悟で、行ってみたものの(トホホ・・・)

天気も初夏を思わせる最高の調子ですが、浜へ出てみると 人っ子一人といませんがな。

浜を貸切状態で、いざスタート! 1投目反応ナシ・2投目反応ナシ・3投目反応ナシ・右の方へ場所移動 ・・・・ これを7〜8回繰り返し

5センチ程のメゴチ2匹の釣果に 「やっぱり早かったな〜」と思いつつ(トホホ) なんだか釣れないと寂しいですなー。。。

  

10時30分頃になり、仕事に向かう為終了です。

早々にタックルをしまい、車に戻ろうと浜を歩いていると 前から外人らしき女性二人(ぽっちゃりの熟女)が 前から歩いて来ます。

浜の奥には何も無く釣り人以外は、なかなか奥の方へ歩く人はいません! 小心者の私は、ちょっとやだな〜と思い すれ違う時は

少し距離を置こうと、かなり波打ち際を歩くが、外人二人も私の正面を歩いて来る。「こりゃいかん!」 と丘の方へ上がると

一緒に丘の方へ上がり私の正面へ また入る。 「なんじゃ!この外人!」 そうこうしてると、かなり接近です。

二人とも、視線が私です。 熟女二人なので、竿立てぐらいで勝負出来るやろと、構える!!!

一人が私に何か話しかけてくるが、全然分からない??? どうも日本語が、喋れない様です。 分からないので無視して行こうとすると

「さ・か・な」 「さ・か・な」 と、また喋り掛けてくる「魚が釣れたか聞いてるのかな?」と思いつつ、ふと手元を見ると ライターをする仕草をしてます。

「なんだライター貸して欲しいのか」 OK 二人に貸してあげ、無事に別れたが 未だに「さ・か・な」と言いながらライターの仕草をしたのかが

私には分からない? また、浜の奥へ何しに行ったのか?ただの散歩なのか? 外人は、よー分からんな〜!


 エサも1杯しか買わなかったが、たんまり 余った為 次の日に、津市の香良州海岸へ出かけてみる事にしました。

前日と違い、天気がよくありません! 嫁さんに前日の夜 「明日釣りに行ってくるわ」と言うと、「明日は、雨やで!」 「それでも行くわ!」と

言うと、『この!○ホ オヤジが〜!』という目をされ・・・ チャンチャン!

自宅から1時間ほどで到着し、雨のせいか まだ薄暗いので 缶コーヒーを飲みながら明るくなるのを待ちます。

明るくなった所で、開始する事に! その頃には、雨も本格開始です。

昨日に引き続き浜には、雨の中 釣りをする”バ○チン”は 私だけの様で またしても 貸切状態です。。。。

まずは、一番ポイントの駐車場より右側の松林の前に入る。 まずは、4色を探るが 何か『グッグゥ』と変な感じがします。

浜の地形等は、例年と変わりない為、海底が何か変化したのかな?と思いつつ、2色まで探り、アタリの無いまま回収します。

仕掛けを確認すると、とろ藻が 天秤から仕掛けまでビッシリと付いてきます。 いままで この浜では、とろ藻が付く事はなかったので

おや! 「今まで、とろ藻は無かったけどなー?」と思いつつ 次は遠投して見ると、6色で”プルプル”もう少し探るとまたしても”プルプル”

「いる〜!キスいますがな〜!」

例年この香良州海岸は、ゴールデンウイークは、カレイの稚魚のオンパレードで、キスは5月中旬けから釣れだすのだが、今年は若干早い様です。

巻いてみると、この浜ではレギュラーサイズの13〜15cmが2連で付いています。

再度、同じポイントへ投げ返すと ”プルプル” 後は、なんだかただ重くなります。 回収するとキス1匹に あとは、とろ藻がビッシリ!

雨が、勢いを増し降ってきます!この際 色々とポイントを変え試してみようと、右側へ移動しながら遠近投げ分け 探りましたが、

やはり、6色のみでアタリが有り、とろ藻がビッシリ!です。右側へ行けば行くほどアタリはなくなり やはり松林の前が一番良かった様に思います。

さらに、雨がひどくなり 10年越しの自転車用のカッパは、完全に浸水状態。。。

雨の中、トーナメント参戦も考えられますので こういう機会に勉強しとこうと思いましたが、勉強になったのは10年以上使用したカッパは

買い替えが必要だという事でしょ=!

カッパの下が、シャワーを浴びたようになったので、8:30頃に納竿となりました。

ところで、とろ藻は、正式名称は何て言うのですかね? どういう所にはえるのかな〜? 海の綺麗な所?汚い所?水深の深い所?浅い所?

去年まで、無かったのに 何か海が変化してるのかな〜? 

誰か教えてちょ〜!!!

釣果は、写真よりもう少し釣れましたが ピンはリリースしました。